Top > 健康 > 副交感神経系優位

副交感神経系優位

射精は筋の緊張状態によってもたらされます。ストレス状態は交感神経が優越になっている情況です。伸び伸びしている時機は副交感神経が優勢な事様です。伸び伸びすることにより確かに射精感は遠のきます。

副交感神経系を優勢に用いるためには大昔から外呼吸を抑制するテクニックが用いられています。自律神経はストレートに抑制できませんが、自律神経とぴたりとに連係している息吹を抑制することによって神経系もセーブしようということです。

禅などの修道などもそうですね。副交感神経系優位(リラックス)にするためには放つ息に感覚を専念します。できるだけ長いスパンをかけて呼吸を吐きます。吐き切れば自動的に瞬く間で息が入ってきます。これをリピートすることにより副交感神経優越(リラックス状況)になります。

スパーキー佐藤の早漏対策

健康

関連エントリー
副交感神経系優位
カテゴリー
更新履歴
「お肌が黒い」と気が滅入っている方にお伝えしたい!(2018年9月12日)
知りたい梅田のフラッシュモブ動画(2018年9月10日)
福岡市西区のカーセブンで高額査定(2018年9月 8日)
大阪市東成区のガリバーで最高の査定(2018年9月 8日)
札幌市中央区のアップルで高額で売却(2018年9月 8日)